理解することが大事

考えこむ人

精神力が低下する病気

うつ病とは精神力が落ちていき常に気分が沈んで何もかもに関心を持たなくなり、何事にも楽しんだりすることができなくなる精神疾患の1つといわれています。脳の栄養素が欠乏していることから起こることもありますし、ストレスが溜まりすぎてなってしまうこともありますし、環境からのショックでなってしまう人もいたりと、うつ病になってしまうその原因は人それぞれさまざまです。受験から引き起こすこともありますし、家庭内環境から引き起こすこともありますし、職場や学校での人間関係、就職活動で上手くいかないことが続いたり、転勤や天候が続いて引越しが多くてなる人もいますし、天候や季節の変わり目で引き起こす人もいます。うつ病にかかってしまうことで食欲、性欲、物欲の低下のほか睡眠も浅くなり睡眠不足が続いてしまうようになることもあります。周囲にもなかなか理解されない病気で身体に影響が出てくるようになっても病院では何の診断も得られずに、さらに周囲に理解されずただ怠けていると思われがちだったりします。そのため本人の心の中で苦しんでいたりすることもあります。ボーっとすることが多くなったり、「自分はだめな人間だ」「死んだほうがましだろう」などのような自尊心が低下するような発言を繰り返すようになったり、拒食になったり過食になったりと普段はそのような行動や態度をあまり見せることがなかったのに最近見せるようになってくれば、周囲は気づいてあげながらひどくなっていれば病院で診てもらうことで改善の糸口を見つけることができるようになっていきます。

治療に向けて行なうこと

現代病ともよばれるうつ病患者は今でも多く、職場や学校内ではカウンセラーをつけるようになるなど精神面での対応も徐々に進んでくるようになってきています。そしてうつ病の症状と見て取れるようになってくれば、カウンセラーから心療内科や精神科へ診断して治療してもらえるようにすすめてくれるようにもなってきています。診断されれば医師からアドバイスをいただきながら薬を処方してもらい、十分な休養を取って社会復帰できるようにしていきながら患者の様子を伺っていきます。薬を飲むだけで治していくのではなく精神のバランスを整えられる環境で十分休息を取りながら、脳にエネルギーを与え負担を取り除いていきます。脳にエネルギーを与えるには散歩や運動をすることが望ましいといわれ、さらには自然が多い場所で体を動かすとさらに効果的だといわれています。そして脳への負担を取り除くためにはマッサージやアロマセラピー、ヒーリングミュージックなど聴きながら体を休ませると効果があるといわれています。いわゆる心の充電を行なうことでして、病院でうつ病と診断されたときから休息が必要とされているということを判断し、仕事や学校などしばらく休みながら精神バランスを整えていくことが重要です。仕事や学校を休んでしまうと周囲があせってしまい患者を追い込むような態度や発言をしてしまいそうになるかもしれませんが、職場や学校などへ社会復帰できるようにするためには暖かく見守ることも治療に向けて大事な行ないとなります。